AviUtlに6年4か月ぶりに更新! バージョンは1.10rc1に!! 変更点はメモリ関連

アイキャッチ AviUtl
スポンサーリンク

本日、8月18日にAviUtlが6年ぶりに更新(テスト版)が来ました。

この勢いにTwitterにトレンド入り、2万件以上もツイートされています。

 

スポンサーリンク

ダウンロードはこちら

公式HPの「AviUtlのお部屋」はこちら。

テスト版というところにあります!

更新内容はどんなものなのか?

今回の更新内容は、aviutl.txtの中の一番下に書いてあります。

以下更新内容の引用です。

ビルド環境の更新とそれに伴う調整をした。
映像のキャッシュを共有メモリで確保するようにした。
キャッシュサイズの指定をメモリ容量で指定するようにした。
メモリの確保失敗時にキャッシュサイズを調整して再試行できるようにした。
LARGEADDRESSAWAREを常に有効にするようにした。
システム設定の初期値を一部変更した。

 

「LargeAddressAware」が常に有効になり、64bit環境でのサポートがさらにすすんだように見えます。

※64bitに正式対応する訳ではありません。あくまで64bit環境での特別な設定が常時となったのです。

AviUtlはもともと32bitで動くソフトでした。32bit環境では、あまり多くのメモリを使うことができません。1ソフトあたり「2GB」までです。

今となっては、64bitの登場でメモリの大容量化がすすみました。しかし、AviUtlは32bitのソフトなので、メモリの大容量化の恩恵を受けられません。

そして、32bitのソフトを64bit化するのは難しいのです。

そこで生まれたのがこの技術なのです。

これは、64bit環境で32bitのソフトを動かすときに、限界の2倍の「4GB」まではなんとか使えるようにしようという技術なのです。

ちなみに、これは2009年の更新に追加された(オンになった)設定ですが、2010年にオン/オフの選択が変更可能になった感じです。

 

また、キャッシュサイズのわかりずらかった調節を、メモリ容量で行えるようになりました。

今までは、「8」「16」など、単位のない形で数字を手探りで設定する必要がありました。

今回の変更では、MBという単位が付き、さらにわかりやすくなりました。

どんな点がわかりやすくなったかというと、パソコンのメモリに合わせてかんたんに設定が可能になったのです。

例えば、8GBのメモリ(RAM)を積んでいるパソコンなら、2GBあたりが適切な値です。1GB=1024MBなので、この場合は「2048」MBと設定すればおkです。

 

パソコンの搭載メモリはかんたんに調べることができます。

僕のおすすめはタスクマネージャーです。Windows10でタスクマネージャーを出すには、下のタスクバーを右クリック→「タスクマネージャー」で起動できます。

そこから、タブの「パフォーマンス」→「メモリ」の欄に、画像のように書かれていれば、このメモリがパソコンの中に入っていて現在使用可能なメモリの最大容量です。Minecraftでは大体、この最大メモリの1/4が最適値とされています。なので、AviUtlでも1/4くらいに設定しておくのが最適でしょう。

MB単位だとスペックに合わせて着実に設定できるので、楽でかんたんでわかりやすいですね!

 

そして、メモリ切れになっても、その都度調節できるようになるなど、ありがたい機能が追加されています。

 

スポンサーリンク

まとめ

ちなみに、AviUtlの作者は「KENくん」という人。

公式ホームページであるAviUtlのお部屋は、18日だけで2万5000以上のアクセスになりました。これは、いつもの6倍以上のアクセスです。

追記: 19日も2.5万PV以上ものアクセスがされたようです。

このいきなりの更新に熱狂しています。もちろん、僕も含めて!

 

テスト版ということは……もしかしたら更新の復活なのかもしれません。

今回の熱狂がすごかったのですが、作者には無理のない程度に、焦らずのペースでの更新を祈っています。

そして、今回の更新、作者に感謝です!

 

AviUtlよ永遠に!

 

AviUtl
\この記事をシェアする!/
スポンサーリンク
Tsut-psの休日

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました