Xserverの新サーバー移行でPageSpeed Insightsを計測し実際に速くなったのか検証

WordPress(サイト運営)
スポンサーリンク
本記事は、2020年8月あたりに投稿予定でしたが、この時期は筆者が忙しかったため、遅れて執筆しています。

Xserverのサーバーアップデートがありました。新サーバーにすることで、最新のCPU(コンピュータにおける頭脳)になるなど、サーバー強化がされるそうです。

そこで、今回は以前のサーバー(sv<8000番台>.xserver.jp)から、新サーバー(sv<10001番以降>.xserver.jp)へと移行した際に、実際の速度がどうなったのかを検証してみました。

なお、「WordPressで高速化/最適化済み」の環境で検証しています。

※もちろん(スペックの差異以外に)サーバーの収容人数があり、同一ではないので単純比較できませんが、参考程度にどうぞ。

スポンサーリンク

スペックの確認と、新サーバーへの移行手順

今回のサーバー移行で、次のようなスペックアップがされたようです。

ちょっとまとめると

 旧サーバー新サーバー説明
サーバー番号sv1~sv10000sv10001~sv以降が完全に5桁になる
CPU(サーバーの頭脳)12コア24スレッドx224コア48スレッドx21.5倍の性能
メモリ(作業スペース)256GB512GB2倍の広さ
SSD(データ保管場所)SSD特殊構造のNVMe SSD14倍の速さ

ざっとこんな感じです。説明欄のCPU/SSDの具体的な数値は、公式サイトのものを載せています。

これだけ見ると、新サーバーはかなりスペックアップしているように見えます。

 

では、移行していきます。

※以下に紹介しているスクリーンショットは、旧デザイン/レイアウトの管理画面です。現在と異なるので予めご了承ください。

新デザイン/レイアウトに移行した方は、公式サイトをご覧ください。

さて、まず いつものXserverのサイトから、アカウントにログインする必要があります。

ログインしたら、左側サイドバーにある「新サーバー簡単移行」をクリックします。

すると、下画像のように出るはずです。

自身のサーバーIDの横に、「移行可能」と表示されていれば、サーバーの移行の準備が整った状態です。

横の「データコピー申請」(新サーバー移行へ移行する申請)をクリックします。そのあと確認のためもう一度「申請」がでてきますが、問題なければクリック。

「申請が完了しました」などが出れば、成功です。

ここから、Xserverの方で新サーバーへのデータのコピーをしてくれます。数日待ちます。

※ここで、旧サーバーの方で新コンテンツをなるべく作成しないようにしましょう。タイミングが悪ければ、新サーバーへ移転したときに、そのコンテンツを作成する前の状態がコピーされてしまうので。

……〇日後。

新サーバーへのデータコピーが完了したようです。

コピーされたので、ここから新サーバーへの移転をします。

右の「サーバー切り替え」をクリックします。

サーバー移行に対する注意点が記載されているので、よく読んでから、もう一度「サーバー切り替え」をクリックします。

これで、移転完了です。「サーバー切り替えが完了しました」と出れば、おkです。

以前のPageSpeed Insightsのスコア結果

ブログの速度・プラグインによるバックアップの速度で、効果を検証してみましょう。

速度の計測には、わかりやすい100点満点で表示される、Googleの「PageSpeed Insights」を使います。

PageSpeed Insights

WordPressサイトは動的なので、測る度に点数が変わる……なんてことがよくあるので、3回ずつ図っていきます。

急いでいる方は、「移行前と移行後の点数を比較してみる」に飛んでください。

サーバー移行前

モバイル・パソコンの両方のレイアウトで、サーバー移行計測した結果がこちら。

トップページのテスト

激重記事のテスト

 

平均して表にまとめると

 ホーム激重記事
モバイル64.7点25.7点
パソコン93点76点

最適化してあることもあって、「激重記事×モバイル」以外はそこそこ高いです。

 

サーバー移行後

サーバー移行計測した結果がこちら。

トップページのテスト

激重記事のテスト

 

表にまとめてみると

 ホーム激重記事
モバイル71.3点29.7点
パソコン91.3点80.3点

このようになりました。

あれ……? 移行前とあまり変わっていないような、若干高くなったような……。

これではわかりづらいので、もうちょっと簡素にしてみます。

それでは、以下にサーバー移行前と移行後の結果をまとめて比べてみます。

移行前と移行後の点数を比較してみる

わかりやすいように、平均値をグラフにまとめてみました。

移行前移行後

ホームページ × モバイル での点数

移行前64.7点
移行後71.3点

ホームページ × パソコン での点数

移行前93点
移行後91.3点

激重ページ × モバイル での点数

移行前25.7点
移行後29.7点

激重ページ × パソコン での点数

移行前76点
移行後80.3点

若干良くなったようです。

スポンサーリンク

プラグイン「BackWPUp」でのバックアップ速度を比べてみる

今度は、バックアップをとってみます。

このバックアップ作業は、サーバーにかなり負荷がかかるので、CPUやディスクの高速化によって、おそらく時間が短縮されているはずです。ほぼ同一容量で比較します。

移行前がこちら

実行時間は「24秒」でした。いつもこのくらいかかっています。

 

移行後がこちら

実行時間は「20秒」でした。2割程度速くなっているようです。

まとめ

今回はXserverのサーバーを「旧サーバー」から「新サーバー」へと移行した際の速度や点数を検証してみました。

結果、「若干速くなった」という感じでした。

その後調査してみると、モバイルのスコアが以前より10点程度伸びたり伸びなかったりしました。サーバーの最適化の問題なのか、多少スコアが不安定になっていました。

しかし、投稿管理画面が体感スムーズになったので、内部処理的にそれなりに効果があったのではないかと思っています。

 

以下、余談。

ちなみに、現在はConoHaを使って運営しています。

Xserverの”新サーバー”とConoHaを比べた結果は、こちらで検証しています。

モバイルの点数がかなり上がったので、こちらのほうが確実に効果があった感じです。ConoHaの方、どういう仕組なんだろうか。

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました