【スタディサプリ】個人から団体利用のコースに移行する際にデータを引き継ぐ方法

スタディサプリのデータをひきつぐ方法 勉強
スポンサーリンク

スタディサプリには、個人のベーシックコースと団体用のプランがあります。

団体利用コースのほうが多少割引がつくのでお得ですね。

今回は、「ベーシックコース」から「団体利用コース」にデータを移行するときに気をつける点を書いていきます。

スポンサーリンク

スタディサプリの団体申込コースとは

もしかしたら、スタディサプリを学校で申し込めることをはじめて聞いたかもしれません。実は、スタディサプリには学校から団体で申し込むことができるコースがあります。

 

値段は、時期や学校によって違うおそれがあり、きっぱりとは断言できませんが、年間およそ9000~1万円ちょっとです。これはベーシックコースより少し安い計算です。

参考 | ベーシックコース: 1058円/月 →年間12700円 (※税込価格で計算)

 

そして団体で申し込むと「団体コード」というものをもらうことができます。それを指定の場所に入力することで、「団体申込コース」を有効化することができるのです。

コースと言ってはいますが、個人のコースである「ベーシックコース」とほとんど変わらず、ちょっとしたややこしい機能が増えています。

 

実際に増えるのは以下のような機能です。

  • 学校と連携される(どれだけ視聴したかなど、スタディサプリ内の生徒の情報を学校の先生が知ることができる)
  • 「活動メモ」がとれる(どんな活動をしたか、記録できる)
  • 「学びのデータ」で活動記録が取れる(「活動メモ」と似ている)(Japan e-Portfolioと連携できる)
  • 先生からのアンケートに回答できる(?)

 

しかし、デメリットとして、以下の機能がなくなります。

  • 1週間の視聴時間、目標の表示

ただし、こちらは解決策があります。

この視聴時間においては、保護者が見ることのできるページ「サポートWeb」というところで確認できます。もし、どうしても見たければ、保護者に見させてもらいましょう。

ログインしたままにしておくのも一つの策です。

なお、こちらはグラフではなく表のような形になっていて、「日/週」で何分視聴したかを見ることができます。

既存のアカウントからデータの移行はできるのか

結論から言うと、個人のコースから団体のコースへのデータの移行は可能です。正確には、移行ではなく、紐付けです。

言い換えると、「既存のアカウントデータと団体申込コースを紐づける」ことができます。

 

以前、スタディサプリについての説明会があり、とあるリクルートの派遣されたスタッフに

データの移行(紐付け)はできるのですか?

と質問したところ……

そういったものはできませんね。新しく新規で作ってください

と言われましたが、できます。

新規で作ってはだめです!

 

その後に

もし、以前からスタディサプリを使っている人がいれば、配布したパンフレットを見てください

と言われたので、家に帰って詳しく見たところ、ちゃんとできることが明記されていました

失敗談

ここで、失敗談です。派遣スタッフの言うとおりに、僕はその場で団体コードから新規でアカウントを作成してしまったのです……。

これが一番の失敗でした。

だまされたよー! あの派遣スタッフーー!!

カワウソくん
カワウソくん

ただ知らなかったとかよくわからなかっただけじゃないのー?(笑)

これをしてしまうと、「団体コード」と「新規アカウント」が紐づけられた状態になります。

そうすると、この団体コードは使用済みとなり、他のアカウントとは紐づけることが不可能となります。

 

こうなってしまった方は、一度、スタディサプリのお問い合わせフォームから事情を説明し、紐づけの解除してもらいましょう。お問い合わせのメールでやりとりすることになります。やり方は、「先に新規で登録してしまった場合」で説明しています。

 

「そんなことはしてないよ!」って方は、そのまま進んでください。

スポンサーリンク

既存のアカウントのデータと団体コードを紐付ける方法!

前提として、団体コード(10桁)を先生などからもらい、手元に置いておきます。

次に、スタディサプリのベーシックコースの「利用停止手続き」をします。(※退会ではありません。)

下記のURLから、それぞれの利用停止の手続き方法をご覧ください。支払い方法によって違います。なお、コンビニ決済を利用している方は、この手順は必要ないようです。

よくあるご質問(個人でご利用の方)|スタディサプリ > 退会・利用停止方法について

こちらを実行すると、「無料トライアルコース」になるので、確認してください。

 

合格特訓コースとの併用はできないようなので、合格特訓コースをやめたくない方は団体申込コースはあきらめたほうがよさそうです。

 

注意点として「団体申込コース」は、個人で解約することができません。解約したいときは、先生や保護者に相談してみましょう。

 

以下の画像は、パソコンからのスクリーンショットですが、スマートフォンやタブレットなども同じようなレイアウトなので、同じように進めることができます。

 

1. スタディサプリの公式ホームページに行き、右上の「ログイン」→「学習者ログイン」の順にクリックします

公式ホームページのスクリーンショット

2. 前からあったユーザー名(メールアドレス)とパスワードを入力し、ログインします

ログイン画面のスクリーンショット

3. このような画面になるので、右上のユーザーのアイコンをクリックします

ログイン後のスクリーンショット

4. 「プロフィール」をクリックします

右上のアイコン画像をクリックし、プロフィールを選択する様子のスクリーンショット

5. プロフィール画面が出るので、「受講状況」をクリックします

プロフィールページのスクリーンショット

6. コースが「無料トライアルコース」になっていることを確認し(コンビニ支払いだった人は関係ありません)、「団体会員コードを入力」をクリックします

受講状況を選択したスクリーンショット

7. このような画面になるので、団体コードを入力し、「在籍校に学習結果などの情報を提供することに同意します」にチェックを入れて、「登録する」をクリックします

団体コードを入力する様子のスクリーンショット

(登録するを押して、団体コードが使われているという表示になったら、おそらく新規で登録してしまったということなので、次の見出しの「先に新規で登録してしまった場合」をご覧ください。そうでない方も、同じお問い合わせフォームで正直にお問い合わせしてみて下さい。)

8. コースが「団体申込コース」になっていれば成功です

団体コードを入力し終わった様子のスクリーンショット

先に新規で登録してしまった場合

失敗談で説明したように、僕のように新規で先に登録してしまうと、既存のアカウントと上の方法では結び付けられなくなります。その場合、一度やりなおして個人からのデータを以前のアカウントと引き継ぎたい方は、こちらの方法で一度お問い合わせする必要があります。

 

お問い合わせフォーム(学校でご利用の方)|スタディサプリ

上記のお問い合わせフォームから、必要情報を入力し、事情を説明して送信します。

 

※なお、新規アカウントのデータとアカウントが消えることになるので、注意が必要です。
おそらく作り立てのはずなので、新規アカウントには何もないと思いますが。

 

以下は、フォームの入力例です。 画像中に〈〉がありますが、この中は当てはまる自分の情報を書きます。

お問い合わせ例 | カテゴリ→「会員登録について」「個人間員からの切り替えについて」 | ご返信させていただくメールアドレス→受信と送信が可能なメールアドレスを入力(フリーメールも可/確認も同様に入力) | ご氏名→本名を入力(ふりがなはひらがなで入力) | ご登録生年月日→スタディサプリ登録時に登録した生年月日を入力(または当事者本人のものを入力) | 学校名または団体名/学年・組・番→現在在籍している学校の当てはまる情報を入力 | 団体会員コード→10桁のコードを入力 | ユーザー名→新規で作成してしまったユーザー名を入力 | お問い合わせ内容→例「個人利用のベーシックコースのほうに団体コードを紐づけたいです。しかし、学校で間違えて新規アカウントを作り、団体コードと紐づけてしまいました。なので、新規アカウントと団体コードとの紐づけ解除をお願いします。」 | reCAPTCHAにチェックを入れて、入力内容を確認するをクリックし、ページ遷移後に内容を確認したあとに送信します

※必ずしもこの通りに書かないといけないわけではありません。

「お問い合わせ内容」については、自分の文章で、正直に伝えてみましょう。(僕の場合、リクルートのスタッフのことなどを伝えました。)

 

「入力内容を確認する」をクリックし、入力内容を確認した後に「送信する」で送信します。「お問い合わせいただきありがとうございます。」と表示されればOKです。

翌日~2日程度で、メールが届くと思うので、指示に従って返信します。

 

紐づけ解除が終わったというメールが届いたら、先ほどの「既存のアカウントと団体コードを紐付ける方法!」を参照して、紐づけてください。

 

以上、「個人から団体のコースに移行する際にデータを引き継ぐ方法」でした!

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました