【決定的な違いを比較】iPhoneは世界的にみて少数派、Android端末は自己責任の世界。結局どちらがいいのか

スマホ/タブレット
スポンサーリンク

スマートフォンと言ったら、まず何を思い浮かべますか?

Sonyとかの「メーカー」ですか。それとも「ゲーム」ですか。

日頃からOSのことを考える人はあまりいなさそうですが、ちょっとそこら辺にふれてみたいと思います。

ちなみに、OSというのはスマートフォンを動かすための基礎となるプログラムのことです。

iPhoneなどのApple製品には「iOS」が、XperiaやGalaxyといった各メーカーが作ったものには、ほとんどの場合で「Android」が入っています。

※ここでは、OSの違い(iOS/Android)と端末の違い(iPhone/Android端末)についてを述べています。「Android」と「Android端末」では、若干ニュアンスが異なるので注意してください。また、Android端末は各メーカーによって調整されているので、各々で仕様が異なることがあります。

筆者はどちらのOSもメリット・デメリットがあり、適材適所でそれぞれの人にあったOSを使うorうまく使い分けることを推奨しています。なので、使い勝手や優劣から「〇〇だから絶対こちらを使え」ということを言うつもりはありません。
スポンサーリンク

iOSとAndroidの根本的な違い(OSの違い)

まずは、根本的な違いを見てみましょう。

iOSやiPadOSはAppleという会社が作った独自のOS(基本ソフト)です。

iPhoneやiPod、iPadといったAppleのモバイルやタブレット向けの端末に入っています。

もちろん、Apple以外の会社でこのOSを使っているところはありません。Apple独占です。このOS自体ダウンロードされたら、Appleのブランドの意味がなくなってしまいますね。

 

対するAndroidはGoogleが作ったOSです。これは、誰もが使えるオープンな(開放的な)OSなので、いろいろな会社がこぞって使っています。

有名なところでいえば、SonyのXperia、SamsungのGalaxy、富士通のArrowsなどに入っています。こちらも、モバイルやタブレット向けといった感じです。もちろん、汎用性が高く、パソコンにもエミュレータとして入れることができます。

各社によって、UI(システムのデザイン)が異なり、癖が強く 個性があり、使えるサービスや機能が異なるのがポイントです。

GoogleはOSやアプリを提供して知名度を上げ、検索サービス、企業向けなどの有料サービスやGoogle Playによって もうけを出している、そんなイメージでしょうか。

ここで、OS提供者の考え方を見てみると、Appleはブランド、Googleはサービスで戦っているという点で異なります。

日本と世界で違う人気なOSと端末

AppleのiOSの入ったiPhoneシリーズは、日本で一番使われているスマートフォンです。

シェア率でいうと、10~20代の若者が一番多く使っています。

しかし、日本は世界的に見てとても珍しいのです。なぜかというと、世界ではAndroid端末のシェア率のほうが高いのです。(最近の日本ではAndroid端末が押し上げているようです。)


世界: Android端末 7割 / iOS 3割

日本: Android端末 3割 / iOS 7割

※参考(2017年のデータ): https://xera.jp/entry/iphone-android-share

きれいなくらいに逆転しています。おそらく、これにはiOSの値段の高さが原因として挙げられます。

 

Android端末は安くて1万円もしないものがたくさんあります。その分動作が重かったり、バッテリーが持たないなどの制約があったりします。

それもそうですが、ブランドを一切考えなかったり(ノーブランド)、作る会社が多かったりすることで競争が発生し、コストパフォーマンスが優れたものが作られることがあります。

iOSは安くても数万円、高いもので10万をこえることもあります。その潤沢な資金の分、よりいいものを作れるので、機能やサポートが充実しているのです。ただ、この前出したiPhone SE(第2世代)は破格の安さで、(いい意味で)世界を驚かせました。

世界的にみると、スマートフォンはもはや必須のものです。連絡やメールなどのやりとりはもちろん、生産性UPのためにも持っておいたほうが有利です。賃金が安くなりがちな発展途上国などの人は節約のためにAndroid端末を選ぶことが多いのでしょう。

 

日本では、iOSが10~20代に多いと先ほど言いました。これは、ある心理が働いているそうです。

日本には、もともと集団心理が強く、ほかの人に合わせる傾向があります。

一方海外では、自分の意見を貫く人が多いそうです。安ければこちらを、機能が豊富なこの会社のを、と分散しているイメージです。

ということで、日本は異様にiOSの比率が多くなっているのです。もちろん、これは一人ひとりによって異なるので、これがすべてというわけではありません。

OSのデザインとアニメーションでの違い

iOSは、私の表現のしかたで”水”っぽい感じ。ぬっと出てきてすっと戻る。特にアプリの履歴を見ると、空を飛ぶような……。言い過ぎですかね。アニメーションが特に好印象です。

Androidは何でしょうか……。ころころデザインが変わるので、これといって表現できるものがありませんね。最近のはかなり「シンプル」ですが。さっと出てきてサーっと戻る感じで本当にシンプルです。

人それぞれ好みが出てくるところですが、個人的にはアニメーションではiOSが、デザインではシンプルなAndroidが好きです。

アプリの豊富さとサポート、OSのアップデートとセキュリティ提供

アプリ開発は、日本国内ではダントツでiOSのほうが有利です。iOSのほうが利用者が多いので、アプリ開発をすればより多くの人に使ってもらえるからです。よって、”日本語”のアプリが多いです。

また、アプリの安全面でいうと、iOSのほうが安全です。これは、Apple自身が一つひとつのアプリを厳密にチェック(審査)しているのと、厳密なOSの制限(制約)のもとに動くからです。

 

対するAndroidは、Google Playでの審査は比較的に甘く、だれでも拡張性のあるアプリを投稿できてしまいます。システム自体を書き換えることもできてしまうものまであり、インストールするアプリは慎重に選ばないと後々大変なことになります。

ただ、Androidはウイルスバスターなどのウイルス対策ソフトで対策すればかなり安全ですが。

どちらもサンドボックスでアプリが動いていますが、iOSのほうがアプリに対する規制がより強いです。

※サンドボックス……アプリがOS(システム)に関与しないこと。

また、iOSはアプリが裏側で悪さをすることのできないようになっています。セキュリティが高いと言われる理由の1つです。

Androidではバックグラウンド(アプリを開いていなくても使えるような状態)でいろいろなことができます。通信量を測ったり、どのアプリがどのくらいバッテリーを消費したかを計測したり……なんてこともできます。

これはかなり便利な一方で、悪用すれば、アプリ側がユーザーの動向を秘密裏に監視することも可能です。

最近は、仕様がより厳格化し、Google Playプロテクト(不正アプリチェック機能)が標準搭載されるなどで、若干安全に。それ以前ではバックグラウンドで悪さをするアプリというのはたびたび問題になっていました。

端末でSDカードが使えるか否か

Android端末はSDカードが使えるものが多いです。

しかしiPhoneは使えません。データがいっぱいになったときに、真っ先に困るのはiPhoneです。

iPhoneで内部の本体容量をグレードアップさせるには、まず端末の機種変更しかありません。コストが高いです。

また、たった +32GB するだけで数万円高くなることもあります。

 

ほとんどのAndroid端末は曲や動画をSDカードに入れることができます。

また、8GB、16GB、32GB……128GB(基本的に倍数)分の拡張がSDカードさえあればできてしまいます。データをSDカードに保存しておけば、たとえ端末が故障したとしてもSDカードからデータを取ることができます。

+64GBしたければ数千円のSDカードを購入するだけ。この点においてコストパフォーマンスがいいです。

※ごく一部の端末で、SDカードを扱っていないものもあります。

ファイルが容易にいじれるか否か

Androidは、アプリ側でファイルを操作できるため、都度共有する必要がありません。写真・音楽ファイルに入っていれば、アプリ側が自動で読み取ってくれることがほとんどです。

拡張子の異なるファイルをたくさんいじる人は、これだけで便利です。PCから取り込んだデータを、対応アプリでかんたんに操作できます。

 

対するiOSはそうではありません。写真こそAndroidのように扱うことができるようになっていますが、それぞれのアプリで”共通のファイル”を操作することが苦手です。

最近のiOSでは、ファイルマネージャーに位置する「ファイル」が登場しましたが、あれは個々のデータ自体を、すべてのアプリと共有しているわけではありません。アプリごとに専用のフォルダが用意されているイメージでおkです。

つまり、ファイル自体は共有できますが、例えば1つの音楽データを対応アプリ側で共有する、ということはできません。都度、指定して読み込む必要があります。

これは非常にクリーンで安全ですが、一方で不便でもあります。共通のファイルを操作することができないということは、ほとんどの場合、ファイル自体をアプリ側にコピーする必要があります。このとき、元のデータとコピー先のものが、重複されたデータになります(容量の無駄になる)。

また、対応しているフォーマットが少なく、iOSの「ファイル」からは読み込めないこともあります。

通常の暗号化ファイルは解凍できますが、「パスワードの掛かったZipファイル」は解凍できません。対応しているアプリから解凍して→読み込みたいアプリ側に共有し→(アプリ側で使えるように)コピーしたデータを保存する(重複データ)、という手間が発生します。

 

Androidであれば、ファイルをダイレクトに操作することができるので、ファイルマネージャー内ですべて完結します。対応アプリがあれば、パスワードが掛かったファイルを解凍したあとに、そのファイルを押すと、拡張子によって対応アプリが開きます。Windowsに近い操作感です。

Windowsに慣れてしまった人からすると、iOSの仕様は若干クセがあって、ファイルを素早く、容易にいじれないもどかしさがあります。

パソコン(Windows)で作るようなファイルやマニアックな形式で保存された動画は、iOS側でまずエラー扱いになり、対応アプリに”コピーを共有”する手間が増えます。

余談:Apple製品には独自規格が多い(オープンな規格が少ない)

Apple製品に多いのが、独自規格です。

Lightningケーブルをはじめとするアクセサリーや拡張子など、独自のものが多く、第三者のものが少ないです。独自規格は、競争がないため値段が高くなりやすい傾向にあります。

WindowsやAndroid、サーバーのOSなど、他の基本ソフトもあることを忘れてはいけません。他OSとの互換性を考えるならば、あまりいい手とは言えないでしょう。

また、これらのOSがAppleの規格やLightningなどを使用しないのは、単にライセンス(使用料)がフリーでないことも挙げられます。よって、「独自規格」と呼ばれる要因になっています。

確かに、一部の最近のApple製品は、Type-CのUSBケーブルに対応したり、一般的になったWeb用画像フォーマットである、WebP形式の画像ファイルを処理したりできるようになりました。

ですが、未だにLightningを採用したiPhoneもあります。”独自”の部分が根強く残っているものも少なくはないです。

(強く言えば)囲い込みとも言えるAppleの商法によって、「Apple製品は好きだがAppleのやり方は好きではない」という方も多いのではないでしょうか。

ただし、身の回りにApple製品が多いという方は、あまり問題にはなりません。むしろ、MacやiPad、iPhoneという感じに揃えると、めちゃくちゃ便利です。

まとめ どちらがおすすめかは、人によってわかれる

筆者はどちらも好きなOSです。どちらが良いかを聞かれたら、強いていうなら……これは人によってわかれます。

iOS(iPhone)がおすすめな人

  • とにかく安全なのがいい(セキュリティやプライバシーに関してクリーンな方がよい)
  • 日本製のアプリが多いほうがいい(日本人開発者の多さ)
  • Appleというブランドが好き
  • 家にApple製品が多い(Appleに最適化したい)
  • インターネット上の情報が多い

Android(Android端末)がおすすめな人

  • 利便性と拡張性のあるアプリを使いたい
  • ファイル系が扱いやすいほうがよい(Windows沼の人)
  • SDカードを使いたい(後から拡張)
  • コストパフォーマンスを考える
  • Googleサービスに最適化したい(クラウド上の連携のしやすさ)

 

iOSとAndroidというOSを、様々な視点で徹底比較してみました。以上です!

コメントを残す