唯一無二の無料動画編集ソフト! AviUtlのすすめ 疑似3Dもアニメーションも文字入れもなんでもできる!

AviUtl
スポンサーリンク

皆さんは動画編集ソフトを使ったことがありますか?

今回は、僕が使っているAviUtlというソフトについて、デメリットも踏まえて紹介していきます。

スポンサーリンク

AviUtlとは? 素晴らしいフリーソフト!

まず、AviUtlという語句を始めて聞いた方に、ちょっとした説明をしようと思います。

AviUtlというのは「KENくん」という人が作った、とっても素晴らしいソフトです。

公式のWebページには、いままでに合計で2000万人以上がアクセスしています。

AviUtlのお部屋

使い方は?

ぽんっ。(丸投げ)

AviUtlの易しい使い方
このサイトは何?このサイトは、フリー動画編集ソフトである「AviUtl」の使い方を中心に”動画のこと”をやさしく解説するサイトです。AviUtlとは?AviUtlを知らない人向けのページです。 AviUtlとは?特徴と歴史について AviU

ほとんどのことはここに載っています。

大抵のことはここを見ればいいくらいです。とてもわかりやすく、いわゆる説明書のようなサイトです。

スポンサーリンク

AviUtlのメリット

慣れてしまえばいろいろなことができる

本当にいろいろなことができます。

文字を赤くする、スライドさせる、フェードさせる(薄→濃で登場)

プラグインを追加すれば、雨や火花・光線などのエフェクトの演出も可能です。ガラスみたいに割れたり、ぴょんぴょん飛ばせたり、音とリンクさせて上下左右に動かすこともできます。

文字まわりの装飾でいうと、こんな感じのことまでできてしまいます。なお、プラグインを使うとそこまで難しくありません。数ステップでできるものばかりです。

PowerDirectorでは、規定に沿ったアニメーションですが、AviUtlでは、作れる人がいればほぼ拡張(改造)し放題なので、いろいろなアニメーションを作ることができるのです。あとは、想像力を働かせるだけ。

カスタマイズ自由

もともと対応していないようなことや複雑なアニメーションなどをプラグインを使って対応させることができます。プラグインは探すといっぱい出てくるので、探すのも楽しいですね。

ほかの編集ソフトと違って、なんでも拡張し放題なので、自由度はものすごく高いです。

エンコード自由

エンコードとは、編集した内容を1つの動画として保存することです。

YouTubeではMP4という形式が正式に対応しています。

もしMP4で保存したいならば、x.264というプラグインを追加してやることでAviUtl自体対応させることができます。

基本的なもの(MP4、AVI)からマニアックなもの(WebMなど)まで、プラグインを追加すればほとんどの形式にエンコードすることができるのです。

バックアップなどの基本機能も完備

一番嬉しいのはバックアップ機能です。

AviUtlを使っていて、フリーズしたり誤操作によりもとに戻したくなったりすることがよくあります。そんなときは、バックアップ機能が役立つのです。

設定からバックアップの分数が決められ、だいたい5〜10分にバックアップファイルを作成する設定がおすすめです。

AviUtlのデメリット

慣れるのが大変

大変ですが、これはどの動画ソフトにも言えることです。

それほど難しいものを作るのでなければ、そこまで慣れるのにてこずることはありません。

かなり難しいものを作るのであれば、それに応じて難易度は上昇します。

例えば文字の下にすーっと加速度的な線を引いてくる(※1)、3Dっぽい何かを作ってみる(※2)、人が通っていく際に足音と合わせてエフェクトを大量につける(笑)などです。

※1 イメージとしてはこんな感じです↓

※2 イメージとしてはこんな感じです↓

ソフト自体は軽いが、編集によってはすごく重くなる

AviUtlでエフェクトをかけまくったり、疑似3D編集(2D画像などを用いて3Dっぽくしていくなど)を行ったりすると、途端に重くなります。

これは、AviUtlがGPUに対応していないのが主な原因です。GPUというのは、エフェクトなどの計算や3Dを処理するのが得意な、いわゆる想像力豊かなPCのパーツです。よくゲームをする方は、一度くらい聞いたことがあるのではないでしょうか。

これに対応していないので、どうしてもCPU(GPUとは違い、淡々と繰り返すような仕事が得意で、どのパソコンにも備わっているパーツ)に依存してしまい、結果として重くなってしまいます。

AviUtlの一番の難点。これもプラグインでどうにかできないものでしょうか(笑)。

まとめ

慣れれば扱うのはさほど難しくないです。

素晴らしいフリーソフトなので、一度使ってみることをおすすめします!

↓まずはここから

AviUtl初心者が最初に読むべきページ【導入から使い方まで】
このページは、AviUtl初心者が「AviUtlを最低限一通り使いこなせるようになるまでに必要なページ」を順番にまとめたページです。全ての記事を理解できれば、高度な動画編集もできるようになります。0.イントロ最初に、FAQをザッと目を通すと

 

以上、動画編集ソフト「AviUtl」のお話でした!

AviUtl
\この記事をシェアする!/
スポンサーリンク
Tsut-psの休日

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました