AviUtl イージングをふんだんに使ったシーンチェンジなどに使えるアニメーションアイディア

アイキャッチ AviUtl
スポンサーリンク

AviUtlで編集する際の備忘録のような形で、ここに載せておきます。どうぞ参考にして下さい。

 

本記事ではGIFが流れますが、最低限のサイズにしています。モバイルの人向けに、通信量はさほどかからないのでご安心下さい。

スポンサーリンク

前提: シーンを変更すると、編集しやすくなる

シーンは拡張画面の左上、「Root」と書かれたところから変更可能です。

「Root」は主となる”シーン”です。
「Scene 1~」は、サブとして使う”シーン”です。

 

アルファチャンネルはオンにしておくと、シーンの黒背景が透明になります。よくわからなければオンにしておけば間違いありません。対応するシーンに移動して、右クリック→シーンの設定→アルファチャンネルありにチェックをする→OKを押すことで、オンにできます。
※これは、シーンごとに適用して下さい。

 

 

また、当然ながらシーンはRoot上に呼び出すことができます。

メディアオブジェクトの追加からシーンを選び、対応するSceneを選ぶだけです。

 

シーンを分ける利点としては、

  • シーンチェンジなどの何回も使うものをシーン分けすると、”何回も呼び出せるので”編集が楽になる
  • シーン一つを編集することで対応するシーンが一括編集できる
  • Root上がスッキリする(シーンチェンジの際にぐちゃぐちゃにならない)
  • タイムライン上で1つのレイヤー(シーン)を扱うので、タイミングの調節が簡単になる

などがあります。

「図形×イージング」 水滴が広がるようなかんたんアニメーションを作る

イージングとはなんぞや? ってかたはこちらをご覧ください↓

AviUtlでかんたん+加速度的に物を動かせるスクリプト、イージングのすすめ(直感的緩急)

 

では、イメージとして「図形の枠が徐々に広がる」ものを作ってみましょう。

なんの図形でもいいです。まずは図形を出してみましょう。

そこから、「ライン幅」を限りなく少なくします。

そして、図形自体の「サイズ」を”秒ごと”に変更するために<イージング(24)>を使います。
※イージングには1~41番までの番号がついていて、その中の(24番)を使っているという意味です。

フェードをつけると、水の広がっていくような雰囲気が出せますね。

以上を踏まえてアニメーションにすると、こんなふうになりました。たくさん使えばおしゃれな感じになりますよ。

[図形 円]サイズ:イージング移動0→250|ライン幅:2|フェード:アウトのみ0.5
(わかりづらいのでここだけ載せておきます)

※アウトのみにフェードをかけていますが、インにかけるとソフトになります。

 

今度は図形を変えて四角にしてみましょう。

フェードしないでそのまま停止させても面白いかもしれません。
(このあとに” The解説! ”みたいなモーションを出していく……とか)

こんなふうになりました。

[図形 四角形1]サイズ:イージング移動0→250|ライン幅:2
[図形 四角形2]サイズ:250|ライン幅:2
※分けていますが中間点でも同じようにできます。

 

スポンサーリンク

「シーンチェンジ」っぽく使う(あらゆる方向から背景登場)

ここでは、まずこんなふうに設置していきます。すべて同じです。
※サイズは500×250で作っています。中間点を設置して、そのあとの移動を0にしています。

 

「上から半背景が登場し、次に下から半背景が登場」するアニメーションを作ってみます。言葉にするとわかりづらいですね(笑)。

図形から背景を選択して、<イージング(23)>で左から登場させます。

[図形 背景上]クリッピングマスク:下125|座標X:イージング移動-500→0
[図形 背景下]クリッピングマスク:上125|座標X:イージング移動500→0
※サイズは500×250で作っています。中間点を設置して、そのあとの移動を0にしています。

こう見るとNe○flixみたいですね(笑)。同じ方法を使用すれば似たようなものは作れます。

 

今度はシンプルに「左から背景登場し、上から異色の背景登場」させてみます。

こちらも<イージング(23)>を使います。

[図形 背景上]クリッピングマスク:下125|座標X:イージング移動-500→0
[図形 背景下]クリッピングマスク:上125|座標Y:イージング移動-500→0
※サイズは500×250で作っています。中間点を設置して、そのあとの移動を0にしています。

 

「(上から背景登場+下から背景登場)×斜めクリッピング半分」もう言葉じゃ表せなくなって数式になりました(笑)。

上からも下からも登場しますが、2つとも互いになるように斜めクリッピングを適用してみました。

見たほうが早そうです。

[図形 背景上]斜めクリッピングマスク:角度-15|座標Y:イージング移動-250→0
[図形 背景下]斜めクリッピングマスク:角度165|座標Y:イージング移動250→0
※サイズは500×250で作っています。中間点を設置して、そのあとの移動を0にしています。

 

まだまだ追加予定なので乞うご期待!

AviUtl
\この記事をシェアする!/
スポンサーリンク
Tsut-psの休日

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました