Twitterの名前が勝手にメールアドレスに変わってしまう事件、もしかしたらChromeのとある機能のせいかもしれません

パソコン
スポンサーリンク

どうもこんにちは、@Tsut-psです。

4月のエイプリルフールの頃から、「筆者のTwitter名が何故かメールアドレスになってしまう事件」が起こり、その後もまわりで頻繁に起きているようなのです。

今回は筆者の環境で、原因とその修正方法をみていきます。

また、今回の事象はChromeで起こっている可能性が高いです。

今すぐ 手っ取り早く直したい方は、目次の「問題の修正方法」から飛ぶことをオススメします。

追記:4月8日現在、Chromeのアップデートにより修正された可能性があります。Chromeの方は、まず最新状態にアップデートしてみてください。
スポンサーリンク

どのような環境で起こるのか

以下の条件にすべて当てはまる人に起こります。

  • 自動入力機能を使用可能なブラウザ(おそらくChrome)で閲覧している
  • 自動入力機能をONにしている
  • Twitterを自動入力でログインしたことがある

補足:Chromeのバージョンが80前後である(筆者の環境)

どのようにして起こったか

筆者の場合、このようにして起こりました。

  • プロフィールの名前や自己紹介文を変更しようと、編集画面に移る → 保存する

ちなみに、エイプリルフールネタのためにプロフィールを変更したときにもなりました。

細分化すると、

  • 編集中に勝手に変更されてしまい、気づかずに保存してしまう 可能性
  • 保存を押したときに勝手に変更されて送られてしまう 可能性

があるというわけです。(あくまで推測ですが、筆者の場合、2通りとも出会っています)

実際にどうなるのか

自動入力によって、「名前」の欄にメールアドレスが入ってしまいます。

背景が白くなるときと、ならないときがあるみたいです。(ダークモードだとわかりやすいですね)

このときに保存すると、Twitter名前メールアドレス化事件が起こります。

筆者の推測:なぜ起きたか

詳しいことは専門家に聞かなければわかりませんが、突然この様になってしまったことから、2通りあると考えています。

  • Chrome側の更新で、「名前」というタグの場所に自動入力される機能が強化された
  • Twitter側の更新で、「名前」というタグが更新され、ログイン時と同じ「欄」との振る舞いをするようになった

※ここでのタグの定義→フォームの情報として、ブラウザ側が認識するための名前

あくまで経験則です。

また、Instagramなどの他のSNSサイトでは発生しませんでした。

問題の修正方法

追記:4月8日現在、Chromeのアップデートにより修正された可能性があるので、まずはアップデートしてみましょう。

Chromeの人は、バージョンを最新にしてみてください。

Chromeを81.0.4044.92以降のバージョンにする

まず、Chromeのバージョンを更新してみます。

Chromeを更新するには、以下の手順を踏む必要があります。

右上の「︙」マーク → 「設定(S)」 を押します

左側にある「Chromeについて」を選択します。

すると、このような画面に来ます。

「アップデートを確認しています」と出るので、このまま待ちます。

※このとき、管理者権限が求められるときは、許可します。

(エラーが出るときは、一度Chrome公式ホームページからインストーラーをダウンロードし、それを実行して更新してください)

Chromeの再起動を求められた場合、再起動します。

このようになっていれば、成功です → 「バージョン: 81.0.4044.92」

 

この状態で、Twitterのプロフィールを更新してみます。

どうやら、問題の「自動入力」がされなくなったみたいです。

「名前」のところをダブルクリックすると、画像のように候補が出てきますが、一切触れないでください。任意の名前に変更して、右上の保存をクリックします。これで、ほとんどの人は直るはずです。

 

更新ができない環境である場合や、更新してみても改善しない場合、次に進んでください。

筆者が検証:Chromeで直す

Google Chromeで直す際、筆者は以下の方法で直せました。Chromeでしか開けない場合に有効です。

編集中に自動入力されてしまったとき(編集画面でこの状況に出会っている場合)

 →入力されてしまったメールアドレスを一旦削除し、名前を本来に戻す

 

編集後にメールアドレスに変更されてしまっていた(自動入力されてしまったかもしれない)場合

 →編集画面で数秒待って、何度か繰り返し試してみる

何度か試していると、このようになる場合があります。

出てきた下の”候補”に一切触れずに、上の欄を任意の名前にして 保存します。

 

補足:

現在の状態では、設定>パスワード>「自動ログイン」をオフ にしても、自動入力されてしまう現象が発生しました(筆者同環境)。この方法では改善しないかもしれません。

ならば、極論「自動入力の情報を削除する」という方法を思いついた方もいるかも知れませんが、この場合、後々 ログイン情報がわからなくなってしまい 後悔するかもしれないのでオススメしません。

 

もし、これで直らない場合、下の別の方法で試す必要があります。

Edgeなどの他のブラウザで試す

Windowsユーザーならば、Microsoft Edgeというアプリが標準で入っているはずです。

そこからTwitterのページに行き、ログイン(この時 以下のような画像が出ても 念のためログイン情報を保存しないでください)、そしてプロフィールを編集してみます。

iOSやMacユーザーの方は、Safariから行ってみてください。

Androidの方は、別途ブラウザアプリを用意してください。

(Chrome、Edge以外のブラウザソフト/アプリの例として、FireFoxが有名です)

Twitterアプリ(スマホ側)で直す

スマホ側では、もし自動入力がはたらく際には Androidの場合は必ず「入力しますか?」/iOSの場合キーボード上の鍵マークから自動入力される はずですから、この場合の干渉を 極力受けないはずです。

なので、普通に編集してみます。

 →左上のアイコンをタップ>プロフィール>プロフィールを編集>名前の欄を変更する>右上の保存を押す

これでできるはずです……。

もしこれでも直らなかったら……?

この場合、Twitter社に即連絡してください。

Twitterのヘルプセンターから、「報告する」で報告してください。

ヘルプセンターは以下からもアクセスできます。

ヘルプセンター
スポンサーリンク

まとめ

この問題は、今のところ何度も遭遇しています。

走り書きになりましたが、以上です。

筆者の詳細環境は[Windows 10][Google Chrome(Ver. 80.0.3987.149)]です。

追記:[Google Chrome(Ver. 80.0.3987.163)]でも確認しました。

筆者もこの事件に2度も遭っているので、一時エイプリルフールどころじゃなくなりました。すぐに気づいて修正できたのが良かったところです。

同様の事件にあったときは、まずは焦らず、迅速に対応しましょう。

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました