電車内で座らずにできるだけ立つようにしている理由は○○だから 健康にいいしメリットが多すぎる

アイキャッチ 生活
スポンサーリンク

朝の通勤時間帯は、人ごみで混雑していて、止まったり動いたり。

電車の乗り換えで、始発電車に乗り込むとき、「よーい……ドン!」の合図のように、電車のドアが開いた瞬間に椅子取り合戦が始まります。

僕は、1年前のこの春の時期に、そんな調子で椅子に座れるか座れないか、初めはこの合戦に参加していました。

座れたらラッキー、座れなかったらショック……。朝から精神的に疲れていました

しかし、数カ月後には立つようになりました。今回は、なぜ立つようになったのかを、綴っていきたいと思います。

余談ですが、吊革にはつかまっています。離して立っているという意味ではないです。

スポンサーリンク

なぜ電車内で立つようになったのか

ここら辺は詳しく述べませんが、ふーんという程度で読んでいただければOKです。いや、飛ばしていただいても結構です。

いつものように電車に座っていると、あわただしく目の前に一人の男がやってきます。不意に、年上の見知らぬ人にこういわれます。

ちょっといいかな

この言葉をかけられた瞬間、脳内が「?」になりました。何を言っているんだ……と。

その時、次で降りる予定だったので、「まもなくー○○駅ー」というタイミングで立ち上がりました(怖かったので、さっそうと逃げるように)。すると、「あ、わかってくれたんだね」という意味深長な言葉をかけられます。

(あ、たぶんこの人はよっぽど座りたかったんだな)と。いや、僕のほうは、次で降りそうな雰囲気全く出していなかったんだが……。

「いやいやいや、よっぽど座りたそうな感じなくて、むしろぴんぴんしてるし、近くのお年寄りのほうがよっぽど座ったほうがいいだろ!」と思いながら、その場を去りました。(その人が座ったかどうかは覚えていませんが、近くにいた違う人が座っていたような……。)

こんなことが2回あったような気がしなくもないですが、1年前のことであまり覚えていません。

そして、話しかけられるのが怖いというのも含めて「僕は当分座らない!」と決めました(笑)。1週間ぐらい間をあけたら座ろうとしたのですが、立ち続けた僕はあることに気が付きます。

立っていたほうがいい理由

立っていたほうが眠らない

というよりも、「眠れない」のほうが正しいかもしれません。椅子に座っていて、それまで朝乗り過ごすことは全くなかったのですが、もし、すごく疲れていたら、今後眠ってしまうかもしれません。かなり遠出なので、乗り過ごしたりなんかしたら目的地を通りすぎて大変なことになります。

立っていれば、確実と言っていいほど眠ることができないので、安心感があるのです。朝からぼんやりしていた脳もすっきりします

※とはいいつつ、帰りがてら立ちながら眠りにつくということを挑戦してみたことがあるのですが、地味に寝れますがとても危ないです。

カワウソくん
カワウソくん

そりゃそうだろ!

変な人に話しかけられない

いや、たぶん自分だけでしょうが。でも、元はといえば、怖くて立つようになったのですから。

朝から集中力を使わない

ちょっと前に、椅子取り合戦と書きましたが、これが思った以上にその日の脳の集中力を使うようです。

集中力は、メンタリストのDAIGOさんが出した「自分を操る超集中力」という本を読むと、その原理がわかります。

かんたんに言うと、脳には「ウィルパワー」というものがあり、集中力に直接かかわってくるといいます。これは、寝ることによって回復するのです。そうすると、朝が一番、満タンな状態で、難しい問題を解くのに向いているそうです。

そんな状態で、朝の「椅子取り」をすると……。当然、集中力を多く浪費してしまうことになります。正直、すごくもったいないです。

人ごみをかき分ける必要が最小限になる

これは、すごくメリットがありました。椅子に座ることを前提に考えると、運が悪ければ真ん中に座ることになります。そうなると、目的の駅に着いた時には、目の前が人で埋まっていて、かき分けて進むのも一苦労です。

しかし、立ったことで、ドアの近くにいることができるので、わざわざかき分けなくても、ドアに向かう流れにそっとついていくだけで外に出ることができます。

これが、立ち続ける大きな理由の一つとなりました。

同僚にあったときに話しやすい

個人的なことですが、同じ電車の同じ車両にたまたま乗ってきた同僚や友達に対して、座っていると、会ったり話したりしにくいです。しかし、立っていればそのまま合流できるので、会話ができるという利点があります。

体のリスクを減らせる

立っていると、「逆に疲れるのでは?」ということを友達に言われましたが、そもそも現代人は座りすぎなのです。日本人は、1日に座っている時間が世界で一番といわれるほど多いとされています。

そうすると、血流が悪くなって、いろいろな病を生みます。詳しくは、以下のサイトがわかりやすく説明しています。

座りすぎの死亡リスクは最大40%増——日本人は世界一座りすぎている
「座りすぎ」の健康リスクが日本でも指摘され始めている。特に長時間労働が問題視される日本では、「座りすぎ」の対象となる人が多そうだ。 欧米諸国で、座り...


ただでさえデスクワークな現代に、電車内で座るという行為は危険です。ちなみに

「自分は学校/会社であれほど座っているんだ。座っていることで長生きできないかもしれないんだ。少しでも座る時間を減らそう!」

と考えて、座ることから遠ざけてみるのもいいでしょう。(ちょうど、僕自身はそう考えてます。)

疲れにくくなる

よく、友達が「座らないの?」と言ってきますが、僕は本気で、「座ると疲れちゃうからね」と言います。「いや、疲れるでしょ!」って思うかもしれません。

まったくもって、その通りです。でも、それは最初だけです。

確かに、初めや長い休みの後は、「立つのがだるい」と感じます。ほとんどの人がこう感じるでしょう。

しかし、1週間……2週間と経つにつれて、だんだん疲労感がなくなっていきます。

僕の実感でもあるのですが、おそらく、座っていると使わなかった筋肉が使われることで、だんだんと慣れて鍛えられていくということだと考えられます。

そう考えると、疲れにくく丈夫な体を作ることができそうですね。

あまりにも疲れているなら、電車の端のほうにいって寄っかかっているのもありですよ。

余談ですが、電車が揺れるので、吊革にゆるくつかまりながら立つと、体感が鍛えられる感じがします。(どこかのサイトで体幹を「鍛えられる」と書いてあった気がしますが。)

スポンサーリンク

まとめ

きっかけは、ただ単純に「変な人がいたから」ですが(笑)、そんなこともあって新たな体験ができたのは事実です。

ただ、これは個人差があるので、もし立つ場合は、無理のない範囲で立ちましょう。僕は、本当に疲れているときの、帰宅時間は、たまに座るようにしています。その場合、最終駅まで座ることになるので、安心感で寝てしまったりしますが(笑)。

ということで、立つ理由でした!

 

電車内で「ふらつくのを抑えたい方」は、こちらの記事が参考になります。

揺れる通勤電車、ふらつかずに立つ5つの秘訣|くらし&ハウス|NIKKEI STYLE
ガタンゴトンと揺れる電車で、つり革をつかまずに立つのは難しい。急な揺れでバランスを崩し、慌てて体勢を立て直そうとする我が身を、記者(30)は何とも情けなく感じていた。急ブレーキがかかってもびくともしない男になれないものか。「齢(よわい)30に…

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました