iPad版Photoshopの完全版がついに登場!Apple Pencil対応で画像編集にもペイントソフトとしても最適か

iPad
スポンサーリンク

なんと、不意打ちかと思うくらい油断していた頃に、ついにiPad版のPhotoshopが公開されました!

‎Adobe Photoshop
‎写真の編集や合成、画像編集、デジタルペインティング、アニメーション、グラフィックデザインと、本格的なクリエイティブの制作には欠かせないデザインソフトのPhotoshop。今回、iPadでも使えるようになり、アイデアが浮かんだその場ですぐ制作に取りかかれるようになりました。 今回リリースされた最初のバージョンでは...

単体で使う場合、月額1080円(税込)で使用できるようです。あれ、1100円じゃないんですね。不思議。

ちなみに、1ヶ月無料で全機能を試用することができるので、1ヶ月使ってみようと思います。

ちょっとワクワクしてきました。なので、早速いじってみます!!!!

スポンサーリンク

iPad版のPhotoshopではなにができそうなのか?

PC版をそのまま移植したわけではなく、iPad版はiPad版として作っているそうです。

なので、今後PC版に更に近づいていくと考えられます。

リリース直後のiPad版Photoshopではどんな事ができるのでしょうか。見てみます。

対応デバイスは?

公式のアプリ概要欄には、ほぼすべての「iPad Pro」と「iPad第5世代」「iPad Mini 4」「iPad Air 2」に対応しているそうです。

ただし、新型のiPadである第7世代でも問題なく起動できたので、恐らくほとんどのiPadで使えるのではないでしょうか。

Apple Pencilに対応している!

なんと、Apple Pencilに対応していました。しかも、第1世代と第2世代の両方が使えるみたいです。

筆者のiPadで試したところ、ちゃんと反応しました。

なお、筆圧感知にも対応しています!

ブラシの種類は30種類

初回リリースにしては結構ありました。ソフトなブラシから、鉛筆のようなもの、パステル、水彩/油彩、墨にいたるまで、たくさんのめちゃめちゃリアルなブラシがあります。

かすれ具合、透明感、細部にこだわったことがわかるほどきめ細やかなブラシで、本物かって思うほどでした。Adobe社はほんっとにいい会社ですね。

A4、B4の用紙設定もお手の物

印刷で使うようなAサイズ/Bサイズに設定したり、mm単位で指定したり、ppiや縦横もかんたんに決定できます。

iPad版Photoshopはめちゃくちゃ軽い

はっきりいってPCよりも軽いです。

通常では必要ないほどの大きな解像度(600ppi)で、墨ブラシかつサイズ100でテストしてみます。

(133KB、8秒のMP4 読み込めない場合、ブラウザを更新してみて下さい)

なんと、予想以上に軽いです。当然ですが、激しく動かすとフレームは落ちます。

これならペイントソフトとしてもヌルヌルに動くでしょう。

レイヤーに関するいろいろ/調整やモードなど

「調整レイヤー」は、「明るさ・コントラスト」「白黒編集」「カラーバランス」「露光量」「色相・彩度」「レベル補正」「自然な彩度」が使えました。

「描画モード」の選択では、PC版のPhotoshopと同じくらいの描画モードがありました。

なお、「効果」や「スマートフィルター」はリリース直後の今は使うことができないようです(2019/11/04現在)。

まとめ

iPad版のPhotoshop、意外と軽くて驚きました。

これは「CLIP STUDIO PAINT」といい勝負ですね!

 

みなさんも、ぜひ試してみて下さい!

‎Adobe Photoshop
‎写真の編集や合成、画像編集、デジタルペインティング、アニメーション、グラフィックデザインと、本格的なクリエイティブの制作には欠かせないデザインソフトのPhotoshop。今回、iPadでも使えるようになり、アイデアが浮かんだその場ですぐ制作に取りかかれるようになりました。 今回リリースされた最初のバージョンでは...

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました