【7月から】ドコモ光→フレッツ光に転用(事業者変更/乗り換え)が容易にできるように

アイキャッチ 生活
スポンサーリンク

2年ほど前にフレッツ光からドコモ光に転用しました。

転用とは、通信をそのままに、事業者のみを変更することです。ちょうど、電気自由化に似ていますね。

7月に、ドコモ光の更新月になったので、フレッツ光に戻したくなりました。

理由は、夜間のドコモ光がとても遅いのです。

当初の予定では、

  1. ドコモ光の解約
  2. フレッツ光の新規契約

の順でフレッツ光にしようと思っていました。

 

……しかし。

スポンサーリンク

カスタマーセンターにドコモ光解約の旨を伝えると

ドコモに電話をすると、

オペレーター
オペレーター

7月から変わって、ドコモ光からフレッツ光に事業者変更ができるようになりました

と言われました。

実際、工事不要・立ち合い不要でできるようで、フレッツ光からドコモ光に変えた時と同じように、いともかんたんにできるようになりました。

電話一本でできるのはありがたいですね!

 

なお、事業者変更の場合、3000円の事務手数料がかかるので、ここは注意です。

手続き方法

まず、ドコモのコールセンターに連絡します。

準備するものは、契約者の電話番号(氏名、住所も用意しておくと吉)と、契約初期に設定したネットワーク暗証番号です。

ドコモの携帯電話から、コールセンターに通話する→「151」(無料)←おすすめ
その他の一般電話から通話する→「0120-800-000」(無料)

年中無休、午前9時~午後8時までです。

そうして、音声ガイダンスに飛びます。音声ガイダンスに従ってもいいのですが、ここでは番号を事前に確認しておくのもいいでしょう。

番号はこちらに載っています。ドコモ光の事業者変更の場合、「7→1→3」の順に番号を押すということが書かれていました(2019年7月現在)。余談ですが、解約は「7→1→4」です。

オペレーターにつながるので、あとはドコモ光からフレッツ光に戻したいという旨を伝えましょう。

スポンサーリンク

注意点

もし、ドコモ光のみのキャンペーンなどでプロバイダーのオプションが無料になっている場合、フレッツ光などに変更するとこれらが有料になることがあるそうです。なので、プロバイダーに連絡して必ず確認を取りましょう。

また、フレッツ光がその地域に対応しているのか、これも確認しましょう。フレッツ光ホームページで確認することができます。

まとめ

ドコモ光→フレッツ光に変更できるようになったのは、とてもありがたい話です。

わからないことがあれば、カスタマーセンターに聞くのをおすすめします。とても分かりやすく、丁寧に説明していただきました。

フレッツ光のほうが安定しているので、変えるならこの機会がチャンスです。

以上、「ドコモ光→フレッツ光への事業者変更のお話」でした。

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました