ちょっと待って! ドコモ版Xperia XZ PremiumにUQモバイルのSIMを入れるときに気をつける点

Xperia
スポンサーリンク

Xperia XZ Premium発売から2年が過ぎました。恐らくこの端末を購入した人は、スマホの更新月が近づいているのではないでしょうか。

僕はいち早くXperia XZ Premiumを購入したので、7月あたりに更新月になりました。

そして、今はUQモバイルのSIMを使っています。

今回は、UQモバイルにした実際の体験をもとに、注意点を述べていきます。

目次から読みたいところへ飛べます。

スポンサーリンク

Xperia→UQモバイル(SIM)にした理由

主な理由は、速度と料金の安さです。

とにかく速度が早い!

他のMVNOに比べて、UQモバイルの特徴は速度にあります。

他社はau、ドコモ、ソフトバンクから分け合って通信回線を借りています。

それに対してUQモバイルはauの子会社。優先的に回線をもらっているサブブランドの立ち位置なので速いのです。ちなみに、Y!モバイルもソフトバンクのサブブランドで、同じようなものです。

格安系の中で、満足度1位(2019年)になるのも当然ですね。

大手より比較的安い

以前と比較して、かなり安いです。

もちろん、サブブランドの立ち位置にいるので、多少値段は高くなります。ですが、大手(今まで)と比べたら通信費が半額ぐらい(いや、それ以上)になったので十分に満足しています。

UQモバイルにしてよかった点

まず、よかった点から述べていきます。

「テザリング」が普通に使える

驚いたことに、UQモバイルはデザリングが無料で使えます。

以下は、スマホから「Wi-FiかつWindows10環境 夜11時ごろ」でテザリングしたときの計測結果です。

テザリングでも十分な速度が出ています。

安いのにデータ容量が「豊富」

今回、筆者は9GB(増量オプション適応時)のプランにしました。

前のドコモが2GB+ボーナス1GBだったので、速度制限に毎月かかっていましたが、現在は解消されました。

むしろ、かなり使い込んでも6GBまでしか使わなかったので、来年の増量オプションはカットしても良さそうです。

切替可能な「低速モード」で通信

低速モードが搭載されていて、これはちょっとした場面で使える機能です。

「YouTubeで音楽だけを聴きたい」「Amazon Musicを聴きたい」といったときに役立ちます。

ただし、筆者の場合はデータ容量が余る結果となったので、まだまだ高速モードで済みそうです。

(今度、家からのパソコン/PS4遠隔操作に通信量を使ってみようかな……。)

「データ繰り越し」が可能

なんと、ずっと気になっていた機能である”データくりこし”に対応しています。

UQモバイルでは、繰り越しというよりは毎月の通信量に「使用期限」が付いていて、その使用期限が2ヶ月なので繰り越しが適応されるという仕組みになっています。

また、増量オプションは3ヶ月の使用期限がついていて、無駄なく使えるのです。

※実際は毎月すべて使い切らないと損します。使用期限の短いものから使用されるという、表面的には親切なUQモバイルの特殊な仕様があり、増量オプション分まで使い切らないと繰り越しても毎月その分を無駄にしてしまうことがあるのです。

スポンサーリンク

UQモバイルにして後悔した点、注意すべきこと

<auの電波を使う→バンドが対応していないものがある>

Xperia XZ Premiumは、「ドコモ」で独占的に販売していた機種です。なので、当然通信バンド(受信アンテナ)がほとんどドコモのアンテナしか対応しておらず、つながりにくいと行った状態が起こります。

詳しく説明すると、このようになります。

 131921284218/26
XZ P
UQ M

Xperia XZ Premiumで対応している主なバンドは「1, 3, 19, 21, 28, 42」です。

UQモバイルで対応している主なバンドは「1, 18/26, 42」です。

その中でも特に、UQモバイルを安定して使いたいなら太字の「1, 18/26」の主要2つを確保している必要があります。

 

「1」はおkですが、ドコモ版だと「18/26」が対応していないようです。この18/26とは、速度は遅いながらも、auのカバー率を支える重要なバンドです。

すなわち、繋がりにくくなる可能性があるということになります。

実際、筆者が使ってみました。地方でも都心でも問題なくつながりました。しかし、電車での移動中やある特定の場所に行くと、つながりにくい状況が発生しました(泣)。バンド「1」でカバーしきれないところが露呈した形となったのです。

 

今のところUQにしたデメリットはこれだけです。人によってデメリットの大小がわかれるところなので、吟味してから選択しましょう。

まとめ

SIMを選ぶときには注意しましょう。注意書きをよく読んで、承諾できる場合に契約するのが吉です。

特に「バンド」!

いざというときにスマホが使えないのはショックですからね。

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました